FC2ブログ

コンクールと私 その11

中3の時、地区予選を通過できませんでした。
緊張はしていましたが、特別悪い演奏でもなかったのに、どうして?
当時の地区予選の通過ラインは、審査員の平均点が10点満点のうち7.8以上で、参加者の3割程度でした。
その時の私の審査平均点は8.2くらいだったと思います。点数的には十分でしたが、
その年は上手な子が多く、結果、3割程度の枠に入れませんでした。
毎年コンクールを受け続け、色々情報が入りやすくなっていたことで、
このくらいやれば大丈夫だろうと無意識にたかをくくっていたのでした。
学生のうちで、このコンクールで地区予選通過できなかったのはこの一度きり。
自分にとっては、高校に上がる前の良い勉強になったと思っています。
スポンサーサイト



1500

キリ番イェーイ

妄想

仕事の関係で、地元出身で、インディーズでCDを出している方とお話しする機会がありました。
その方のステージは拝見したことはありましたが、凄く近い距離でお話できて、人柄というか、応援したいなと強く思いました。

僕が音楽をやる魅力的な人と会うたびに妄想すること。

その人のバックバンドのキーボードの人が急きょ出られなくなり、会場はアナウンスが。

「場内の皆様の中で、どなたか、キーボードを弾ける方はいらっしゃいませんか?」

そこで颯爽と名乗り出るじゅんじゅん。
リハーサルもやってないのに、息がぴったりのじゅんじゅん。
感動で涙が止まらないアーティスト。
ステージを去ろうとするじゅんじゅんを呼び止めるアーティスト。

「あなた以外のキーボードでは、私はもう歌えない」

こうして、じゅんじゅんは、憧れのアーティストに逆に見初められ、ブレイクの階段を上り始めるのでした。

ちゃんちゃん。

こんなことが現実に起こったら、かなりエキサイティングだよね!

コンクールと私 その10

コンクールで好成績をあげた私は、中学校の全校集会で表彰され、一曲弾かせてもらうことになりました。
課題曲となった4曲は、クラシックを聴かない人にとっては、聴きなじみの無い曲ばかり。
選曲に大変悩みましたが、結果、ハイドンのソナタを弾きました。
コンクールの時とは違い、大勢の、しかも自分がいつもかかわっている友人や先生方の前での演奏だったので、楽しんで弾けました。この時だけではありませんが、自分にとって、ピアノを続けてきた理由の一つは、こうやって、自分の演奏を通して、身近な人に喜んでもらえることが大きかったと思います。
つい最近、当時お世話になっていた先生からうかがったのですが、この演奏の後、しばらくの間、私は職員室で「ブーニン」と呼ばれていたそうです。
ちなみに、ブーニンは、ショパン弾きとして有名なので、ハイドンではないのですが・・・(笑)

コンクールと私 その9

2回目の全国大会は、地区本選で北海道1位を取ったことで、もしかしたらこのままいけば、決勝でも好成績に食い込めるかも?という気持ちで取り組みました。とんだ下心ですが、入賞に強いこだわりを持った初めての時だったかもしれません。
また、演奏に対して、自分がどう弾きたいか、主張が強くなってきた頃でもありました。
そのため、レッスンも、それまでとは違い、あまり怒られた記憶がありません。こう弾きたいのだけれど、どうしたら良いでしょうかと、積極的に質問をぶつけていたような気がします。
そんなわけで、バッハのトリル以外はほぼ完璧に仕上げて本番にのぞみました。
結果は、金銀銅と奨励賞に次ぐ、ベスト11賞をいただくことができました。少し残念ではあったけど、前回同様、入賞できただけでも良かったと思い、中学二年の夏は終わりました。

うずうず

近所の家からピアノの音が聞こえます。
ジブリの曲の伴奏を練習しています。
学生さんでしょうか。新学期始まって、学校祭の練習をしているのかもしれません。
しかし!風に乗って聞こえてくる音、どうしても力みすぎ。
一言アドバイスあげたいんだけど、いくら同じ町内会の住人と言っても、面識のないおっさんがいきなりダメ出ししたらショッキングな上、怪しすぎるよね。
そんなんで、職務質問を受けない程度に、しばらく様子を見てみようと思います。

久々

6月以降、あまり自由になる時間がなくて、音楽から遠ざかる一方でしたが、昨日、久しぶりに我が家のピアノから音を出すことができました。やっぱりピアノの音はいいですね♪
新しい曲にとりかかる気力はなかったので、以前弾いた曲をあらためて見直すこととしましたが、予想以上に覚えていない!こんな曲だったっけ、ショパンのソナタ(笑)
今年はピアノ教室の発表会とか、コンクールとか、色々なことを犠牲にしてきたから、
来年に向けては今のうちからこつこつ用意して、またステージに立てるように頑張りたいと思います。

コンクールと私 その8

中2の時、北海道の中2以下の部門で1位になり、全国大会へ進みました。
今はどうかわかりませんが、この頃は、弾いたその日には入賞したことしかわからず、全日程の最終日にあらためて順位が発表されるという方式だったので、私は1位だったことを、先生からの電話で知りました。
普通、ピアノを習わせている家庭なら、入賞が決まった時点で、何がなんでも表彰式に行くところなのに、
私の場合は、通っていた塾の夏期講習でミニテストを受け、図書券をもらうことの方が大切で、札幌には行かず・・・。
本人不在だったため、結果を聞きに行っていた同じピアノ教室の子が色々受け取ってくれました。

当時は、事の重大さに気付いていませんでしたが、何事も1位なんてなかなか取れるものではなくて、表彰される機会を自ら放棄したって、すごく勿体無いことをしたなーって思います。
もう一度1番を取りたくて、その後も毎年コンクールに挑戦しましたが、
二度と快挙に恵まれることはありませんでした。

OB会参加

昨日は高校時代に在籍していた部活(音楽部)のOB会でした。
久しぶりに歌ったり、ピアノの音を出したりと、楽しかったです。
自分にとって、音楽はなくても生きていけるかもしれないけれど、
やっぱり、ひとたび楽譜と向き合うと、こうしたい、ああしたい、
特に合唱であれば、そういった音楽のとらえ方、感じ方を
周りの人にも波及させていきたいという気持ちが強くなってしまいますね。
なかなか仕事が落ち着かず、ゆっくりと音楽にいそしむことは難しい状態ですが、
また、いろんな所で自分の演奏を聴いていただけるよう、頑張ろうとあらためて思ったのでした。

コンクールと私 その7

全国大会本番の朝。手首の痛みは引かず、演奏うんぬんの前に、まともにピアノを弾けるのか。さすがの私たち親子も、緊張感いっぱいでした。
しかし、本番前日にホテルを抜け出して、怪我をしたなんて先生には言えないので、黙ったまま練習会場へ。
他の子の演奏は前日までで終わり、この日は私しか出番がなかったので、先生のご指導の全勢力が私に注がれました。
痛い。痛い。・・・できるだけ手首に負担をかけないようにするしかできなかった私ですが、先生が一言。
「今日はすごくいいね。昨日までとは別人みたいだね。」
なんと、怪我をしたことで、余計な力が抜けて、それまで弾けなかった細かい音符が弾けるようになってしまったのです。
これには、私自信驚き、なんかいけそうな気がすると錯覚してしまうほどでした。
3時間のレッスンを終え、部屋を出る時、先生が、満面の笑顔で、私の母に「絶好調です」とおっしゃっていたのが印象的でした。
むかえた本番は、好調さを維持し、全国の大舞台で、それまでで一番の演奏をすることができ、
入賞(ベスト15賞)をいただくことができました。
こうして、私の初全国大会は、大成功で幕を閉じたのでした。

つづく

コンクールと私 その6

翌日に本番を控えた東京での夜。ホテルに着いてからは特にやることもなかったので、軽くご飯を食べに行きました。
食事も終わり、さて帰ろうといった時。
・・・店内の段差を見事に踏み外し、転んでしまいました。

手首に激痛。チカチカと眩しくて、強烈な吐き気が。

「手首、折れたかもしれない・・・」

時間が経つにつれ、指は動くようになり、結果、折れていたわけではなかったのですが、
小さいころから何度も骨折経験のあった私の一言を聞いた母は、視界が真っ白になり、その場で動けなくなってしまいました。

気の毒なのは、そんな私たちと共に行動していた同じ教室の親子。
アホな親子の介抱をしながら、ホテルまでの道を帰らなくてはならず・・・

ホテルに戻ってからは、すぐにベッドに横になりましたが、あまりの痛みで、なかなか寝付けませんでした。
一晩中、痛い痛いとつぶやき続け、次の日の本番に向けて、十分な睡眠を取れず、満身創痍で朝を迎えるのでした。。。

つづく

コンクールと私 その5

東京へ向かう間は、人生で初めて飛行機に乗ることもあり、緊張感まるで無しの旅行気分でした。
あまりに浮かれすぎて、飛行機の中で「墜落したらどうしよう」とか大声で言ったので、母にこっぴどく怒られてしまいました。
いよいよ着いた東京。人の多さと予想以上の暑さに驚愕。
翌日の本番に向けて、その日ばかりは借りていた練習室にこもり、一日中ピアノに向かっていました。
そして、事件はその日の夜に起こります。

つづく

コンクールと私 その4

あれよあれよという間に進んだ全国大会。
全国決勝大会では、地区予選と地区本選で弾いた4曲を全て弾きます。
コンクールのシステムを知らず、地区予選で弾いた曲は二度と弾かなくて良いと思い込んでいたので、地区本選後初めてのレッスンで、4曲全部通して弾いてみなさいと先生から指示があった時には、かなり焦りました。
というか、むしろ、東京に行けるというだけで、練習する気なんぞさらさらなく、私の先生は、このやる気の温度差に、ほとほと呆れていたと思います。
そんな気持ちにも気づかず、我が親子は、コンクール後に遊びに行くディズニーランドの計画ばかり立てていたのでした(笑)
また、この年は、ドラゴンクエスト4が発売された年でした。そんなわけで、私はピアノよりもゲームの時間の方が圧倒的に多く、同じピアノ教室から全国大会に進んだ女の子親子が本番間近に打ち合わせのためうちに来た時(先生の旅費等を折半したり、東京での日程を確認したりと、打ち合わせることが多いのです)、例によってドラクエに励んでいたものですから、ここでも呆れられたことを覚えています。
そんなわけで、いよいよ次は東京です!

つづく

コンクールと私 その3

初めて札幌で受けるコンクール。
どんな雰囲気で行われるのかもわからず、不安だらけで会場に着きました。
そのうえ、受け取ったプログラムを見ると、同じ級の受検者が百人近くいたので、こんな大人数の中で選ばれるわけがないと、かえって開き直ってしまいました。
また、会場が、今までに弾いたことのない贅沢な作りで、ちょっとしたピアニスト気分を味わえたので、楽しく弾いてこようと気持ちを切り替え、リラックスできました。
そのせいか、本番は、小さなミスを気にしないで、思いきった演奏ができたような気がします。
結果、本人も周りも予想だにしなかった5位入賞。そして、全国大会進出!
普通の親子なら、全国大会でも好成績を残そうと気持ちを新たにするのでしょうが、
我が家はその重さを全く理解しておらず、コンクールにかこつけた東京旅行に思いを馳せるばかりだったのでした・・・(笑)

つづく

コンクールと私 その2

小6の時、PTNA(ピティナ)というコンクールに初挑戦しました。
それまでに受けていたコンクールでは、地区で一位になった人だけが本選に進めるという形式だったのですが、
このコンクールは、参加人数に応じ、複数の参加者が次のステップに進めるため、初めて地区本選である北海道大会に進むことができました。
まさか自分が予選を通過できるなんて思っていなかったので、通過者の中に自分の名前があった時は、とても驚いていたのを覚えています。
ただ、コンクールで好成績をおさめようとはさらさら思っていない私たち親子ですから、
夏休みに札幌に遊びに行ける!と、違う部分で大喜びしていたのでした。

つづく

コンクールと私 その1

最近ピアノのことで色々質問をいただくことが増えてきました。
今回は、コンクールについて書きたいと思います。

自分が初めてコンクールを受けたのは、小学3年生の時。毎日こどもピアノコンクールというコンクールでした。
当時は、子供が受けられるコンクールなんて知らなかったし、同じ教室の子がみんな受けるということで、つられて出てみようというノリでした。コンクールを受けるということ自体、日常生活ではありえず、出られるだけで面白かったので、ほとんど練習もしていませんでした。

当日も、コンクールの緊張感なんて全くなく、いつもの発表会のようなノリで一人うるさくしていましたが、普段ピアノのことに口を挟まない母親が一言。
「あんた、演奏順最後なんだから、恥ずかしい演奏をしちゃだめなんだよ!後半に行くほど上手に弾かなきゃだめなんだよ!」
子供以上にコンクールの主旨を理解していなかった母は、16人中16番目という演奏順を見て、最後に弾く子は演歌の大御所のように締めないといけない立場として既に選ばれたんだと勘違いしていたようです(演奏順は本当にたまたま最後だっただけです)。
とはいえ、私もそんなもんなのかなと素直に思ってしまったので、本番は少し厳粛な態度で臨んだ覚えがあります。
そのおかげか、結果は銅賞。順位的には、16人中3番目の結果をいただくことができました。
思わぬ好順位に、とても喜んだのを覚えています。
恐らく、この結果が、後の自分につながったんじゃないかと思います。

つづく

半袖シャツで大失敗

暑い日が続いています。お元気ですか?
私の職場はエアコンが無いので、半袖ノーネクタイのクールビズ実施中です。
半袖は涼しいし、動きやすいので、とても楽なのですが、私はこの半袖シャツで大失敗をしたことがあります。

3年ほど前の真夏の本番、会場に着くまでに汗をたくさんかいて、会場内もほとんど冷房が効かず、スーツの中は汗だく。いつまで経っても汗は引かない。
それでも特に気にせずステージに臨んだのですが、異変は演奏を始めてすぐに起きました。
なんと、汗でスーツが自分の腕にぴったりくっつき、腕を上げ下げする度に余計な重さがかかってしまったのです。
思いもよらぬ出来事に焦り、惨憺たる結果となってしまいました。

そんなことがあったので、その時からは、どんなに暑くても長袖シャツを着るか、上着を羽織らずに半袖シャツでステージに上がるようにしています。
男性は女性のように衣装にあれこれ神経を使わなくて楽だよねと言われることがありますが、実は男性は男性なりに色々苦労しているのです。というお話でした。
プロフィール

じゅんじゅん

Author:じゅんじゅん
音楽と食べ物をこよなく愛する、ちょっとおまぬけな30代です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
FC2ブログランキング
ブログランキングなるものを始めてみました!クリックしてもらうと、いいことがあるようです。

FC2 Blog Ranking