FC2ブログ

コンクールと私 その10

コンクールで好成績をあげた私は、中学校の全校集会で表彰され、一曲弾かせてもらうことになりました。
課題曲となった4曲は、クラシックを聴かない人にとっては、聴きなじみの無い曲ばかり。
選曲に大変悩みましたが、結果、ハイドンのソナタを弾きました。
コンクールの時とは違い、大勢の、しかも自分がいつもかかわっている友人や先生方の前での演奏だったので、楽しんで弾けました。この時だけではありませんが、自分にとって、ピアノを続けてきた理由の一つは、こうやって、自分の演奏を通して、身近な人に喜んでもらえることが大きかったと思います。
つい最近、当時お世話になっていた先生からうかがったのですが、この演奏の後、しばらくの間、私は職員室で「ブーニン」と呼ばれていたそうです。
ちなみに、ブーニンは、ショパン弾きとして有名なので、ハイドンではないのですが・・・(笑)

コメントの投稿

非公開コメント

よしあやさんへ

恥ずかしいなぁ(笑)
今考えると、大学サークル時代は好き勝手弾いてばかりで、ピアノが可哀想だった気がします。
なかなか人前でのソロの演奏は難しいですが、できればそういう機会を持てるよう、頑張りたいと思っています。

やっぱり!私は、サークルの時は「ため息」を弾かれていたのが印象に残っています。ピアノを聴くたび癒されていました。あれから年を重ねた音をぜひ聴きたいです。コンサートはされないのですか?聴いて、勉強したいんです。

よしあやさんへ

20年以上も前のことを覚えてるだなんて、すごい記憶力!
そうです、私が、変なおじ・・・喜びの島を弾きました。
私の意図せぬ所で、私の演奏を聴いてくれていた人がいるということに、感動しています。更に、音色のイメージまで覚えていてくれるなんて、嬉しい限りです。ありがとうございます。

今、喜びの島を自由曲で練習中です。それで思い出したのですが、昔、ピティナのコンサート?で、喜びの島を弾いていませんでしたか?会場は札幌で私が中一か中二くらいに聞きに行った時、男子でものすごくきれいなピアノの音だったのでなんとなくそうかなと思いました。人違いならごめんなさい。
プロフィール

じゅんじゅん

Author:じゅんじゅん
音楽と食べ物をこよなく愛する、ちょっとおまぬけな30代です。

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
リンク
FC2ブログランキング
ブログランキングなるものを始めてみました!クリックしてもらうと、いいことがあるようです。

FC2 Blog Ranking